金利は上がる?下がる?混乱する国債市場

今後の長期金利は下がるのか? それとも上がるのか? マーケットは混乱している。実際、日本銀行の発するメッセージは、長期金利の方向づけに関して、矛盾しているようにも見える。

第1は、金融緩和によって長期金利が低下するというメッセージだ。そして第2は、物価上昇率が引き上げられることによって、長期金利か上昇するというメッセージだ。これらは正反対の方向なので、長期金利の将来見通しがつかなくなっても不思議ではない。

続きを読む

物価目標達成なら経済は大混乱する

日本銀行は、消費者物価上昇率2%を2年以内に実現するとしている。その実現可能性に多くの疑問があるが、問題はそれだけではない。仮に実現すれば、今度は経済の別の面で深刻な問題が起こる危険性が高いのだ。

日本の消費者物価上昇率は、これまでほとんどゼロの状態を続けてきた。それが2%になるというのは、大きな変化だ。他の指標が変わらずに消費者物価だけが現状から大きく変わることはあり得ない。他の指標がどう動くかによって、経済活動に多大の混乱が生じる危険がある。

続きを読む

無謀な金融緩和で国債リスクが増大

日本銀行の新しい金融緩和政策によって、これまでの日本の金融システムにあった安定性が攪乱された。株高と円安が進んでいるので、「市場は歓迎している」と一般には受け止められている。しかし、その裏で、巨大なリスクが膨らんでいるのだ。

これまでの日本の状況は、次のようなものであった。日本の長期国債の代表銘柄である10年債の場合を考えると、銀行が買って7年間程度保有し、日銀に売る。金利低下(国債の流通価格上昇)が続いていたため、安く買った国債を高く売ることになり、売買益が発生する。金融機関の利益のかなりが、これによる。この状態が健全かどうかは別として、ある種の均衡状態が形成されていたのは事実である。

続きを読む